グレード表(難しさ)

『魚グレード』と呼ばれ近隣県ではかなり“辛め”と言われています。でもそんなことはどうでもいいんです。自分の登れる色の課題を楽しんで登っていただきたい!ただそれだけです。